Home » ドッグフード » ドッグフード「NDF」に関する誤解

ドッグフード「NDF」に関する誤解

愛犬に与えるドッグフードの中には、食いつきをよくするための香料などが含まれていることもあります。

しかし、NDFドッグフードは無添加食品などで香料が入っていないために、初めて与えた時に思いの外食いつきがよくない、という印象を持たれる方も多いでしょう。

しかし、これは明らかに誤解です。

確かに、ドッグフードを変えた際には食いつきなどが良い方がおいしい、と思われることもあるでしょうが、それはあくまでも食いつきの問題で、継続しておいしく食べているかどうか、ということではありません。

また、NDFはアレルギーを起こしにくいラム肉を多く使用していますので、独特の匂いがあります。

それがそのまま犬が嫌う匂いと判断されてしまうこともありますが、決してそうではありません。

分かりやすく考えてみると、例えば人間でいうジャンクフードと無添加食品。

ジャンクフードは子供も大変好きなものですが、これには多くの香料や味付けの濃いものが多くあります。

初めのうちは確かにおいしいものではありますが、毎日食べているとすぐに味に飽きがきたり、また健康を考えると子供の成長にふさわしい食べ物とは言えません。

逆に無添加食品などは、初めは味が薄いと感じたり、匂いも微量で食欲中枢を刺激するものとは言えないでしょうが、毎日食べているとその食品の美味しさに気付いたり、健康を考えても子供の成長にとってマイナス要素は見あたりません。

ドッグフードも同じ事が言えます。

最初からNDFを喜んで食べるならば勿論ですが、最初は食いつきが悪いように思えても、毎日与えることで犬の味覚も磨かれ、そして何よりも健康的な食生活にすることができます。

犬を飼う場合には実はこの点が重要です。

健康的に長生きしてくれる環境を飼い主は作り出す必要がありますが、それは何も快適な温度や湿度だけにとどまるものではありません。

毎日の食生活からそうした環境を作り出すならば、NDFは大変心強い味方といえるのではないでしょうか。

詳しくはこちらの口コミ・評判集計比較サイトNDFドッグフードの評判ページをご覧ください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です