Home » 居抜き物件 » 居抜き物件での出店形態

居抜き物件での出店形態

居抜き物件ではその設備や内装を使用できる事が魅力の一つですが、その条件は様々で、造作譲渡といって買い取るものから無償で利用できるものまであります。それを下にまとめてみました。

・無償貸与
空調やトイレ、設備などの造作が残されたままの状態で、これを無償で使用できる。
あくまで貸与なので設備の持ち主は貸主にある場合が多い。
契約書に造作に関する記載があるくらいで、契約は通常の賃貸借契約のみ。

・リース、サブリース
設備や内部造作はリースの状態で居抜き出店する。
物件の賃貸借契約だけでなく設備のリース契約もしくは業務委託契約をする。
造作の持ち主はリース会社にある。

・造作買取
以前の店舗が施工した内装や設備などを有償で買取ることによって出店する。
賃貸借契約だけでなく造作譲渡契約、資産譲渡契約を結ぶ。
買取のため、設備の持ち主は新しい借主に移る。

物件によって条件も違い、どれを選ぶかはその人によって変わってくるのですが、できるだけ造作譲渡によって所有権を自分にしておくと、将来移転や閉店となった時にその造作をまた売ることができるので情報サイトはお勧めです。
しかしながら造作譲渡の場合は設備の状態などをよく知った上で適正な価格で買い取ることが重要です。飲食店ですと特に冷蔵庫や食器洗浄機など、買い替えるとなると高額なものもありますので、すぐに買い替えるということにならないようにすることが大切です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です